Activity

中国・洛陽理工学院を訪問しました

報告者:中村 2017-05-19

2017年4月27日〜28日に,中国・洛陽理工学院を訪問しました.

この大学では,中村の昔の奈良先端時代の教え子である 閻 奔 さんが先生をしていて, 以前から機会があれば行ってみたいと思っていました. 今回,鄭州である国際会議ICMTEA2016に鈕龍君と参加するので, 良い機会と思い,行ってきたのです.

P1260565_0.jpg P1260729.jpg

洛陽理工学院は,中国・河南省・洛陽にある学生数2万人ほどの総合大学です. 閻先生の所属するソフトウェア学科は,西キャンパスの歴史のある建物にありました. キャンパスには川が流れ,緑がいっぱいで,美しい風景でした.

P1260601.jpg P1260613.jpg

閻さん曰く「研究の打ち合わせをするだけでは勿体ないので, 学生に講義してください」.それなら喜んでと,最近取り組んでいる バーチャルエージェントを活用した個人適応ケアの話をしました.

プレゼンは英語で準備していったのですが,「学生は英語が分からないので, 日本語で話してください」との要望.閻さんが同時通訳で1コマの授業をしました. 聞いてくれたのは,コンピュータサイエンス学科の1年生と3年生,約150名ほどでした. みな一生懸命聞いてくれました.

P1260634.jpg P1260623.jpg

せっかくなので,鈕君にも話してもらいました. 主に日本での留学生活,研究の話をしたようです. 学生は興味津々で聞いていました.

P1260702.jpg

講義のあとは,副研究科長の楊先生とお話ししました.中国の大学教育の事情を いろいろ聞きました.将来的に大学間協定等が結べればよいですねと話しました.

P1260710.jpg

講義と研究打ち合わせの後は,洛陽郊外にある龍門石窟に連れて行ってもらいました. 敦煌や雲崗とならぶ,中国3大石窟の1つで,北魏〜唐時代のものです.

今から1500年昔に彫られた仏像が大迫力でした.当時は,遣唐使として日本から 沢山の留学生が中国に渡り,奈良に技術や文化を持ち帰ったことを思うと 感慨深いものがありました.

P1260797.jpg P1260789.jpg

閻先生とは,これからもスマートサービスの共同研究を続けていく予定です. 学生の交換訪問のような形での交流も考えていきたいです.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 20:04:43 (62d)